« 緊急司令システムセミナー座間で開催 | トップページ | 海洋生態系高次捕食者、オオミズナギドリを指標とした福島原発事故後の影響評価 »

川南町通浜海岸漂着鳥調査(6/4/2012)

JEDIC時代に地球環境基金の助成をいただいて2007、2008年2年間宮崎県川南町の通山小学校児童の皆さんと海岸線調査を実施しました。そのときの経験から例年この時期にハシボソミズナギドリ死体の漂着が観察されています。
http://blog.canpan.info/jedic/category_2/1

福島原発事故後最初の繁殖個体が漂着する本年、再び海岸線調査を実施しました。

Toorihama_120604

今回の調査でハシボソミズナギドリの死体は一個体も観察されませんでした。今年は他の調査地でも漂着個体がほとんど回収されていません。例年より時期が遅れているのか、あるいは他の要因かは今後の調査結果を待つことになります。

Log_120604


« 緊急司令システムセミナー座間で開催 | トップページ | 海洋生態系高次捕食者、オオミズナギドリを指標とした福島原発事故後の影響評価 »

ハシボソミズナギドリ」カテゴリの記事

宮崎県」カテゴリの記事

川南町」カテゴリの記事

日向灘」カテゴリの記事

海岸線調査」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541581/54888569

この記事へのトラックバック一覧です: 川南町通浜海岸漂着鳥調査(6/4/2012):

« 緊急司令システムセミナー座間で開催 | トップページ | 海洋生態系高次捕食者、オオミズナギドリを指標とした福島原発事故後の影響評価 »