« カンムリウミスズメ洋上調査(山口県上関町) | トップページ | モンベルチャレンジ支援プログラム »

海鳥の羽をシンクロトロン光分析しています

オーストラリアの大学、研究機関と共同で、シンクロトロン光分析 (X-ray fluorescent microprobe imaging beamline) を使い海鳥の羽に分布する原子を分析しています。

この分析から、目では見ることのできない木の年輪のように刻まれた同一のZn蓄積パターンが発見されました。それは異なる海鳥の種からも検出されたため、これらの分析データは今後個体の健康状態の指標となりうる可能性があることを示唆しています。

NRDAアジアは、これからも国内外の様々な教育•研究機関、市民団体などと連携して海洋生態系モニタリングや保全活動に取り組んでゆきます。

Australian Nuclear Science and Technology Organisation (オーストラリア原子力科学技術機構)

 

« カンムリウミスズメ洋上調査(山口県上関町) | トップページ | モンベルチャレンジ支援プログラム »

オオミズナギドリ」カテゴリの記事