カテゴリー「沖ノ島」の記事

玄界灘洋上調査 3/6/2011

110306_rino

 この冬の対馬での海雀号による調査を終了、本日午前9時州藻を出航。10時過ぎに潮に乗って万関橋を快調に通過して三浦湾から外洋に出ました。防波堤を出てすぐ、黒島の南の洋上でウトウ一羽を観察。私自身は対馬近海では初めてです。

 本日の目的地、沖ノ島を目指して小雨の中東へ。途中で風が南に変わり、徐々に気温が下がってきました。時折オオミズナギドリに遭遇するも、他の鳥の姿はなし。15時過ぎに沖ノ島が見えてきました。沖ノ島の手前でオオミズナギドリ百羽以上の群が洋上で休息、沖ノ島は繁殖地です。島の手間でアビSP.を見つけましたが、種の確定にはいたらず。くちばしが黒かったので、たぶんオオハム。

 島を一周しましたが、カンムリウミスズメの姿はありませんでした。周囲に漁船がたくさんいましたので、明日の朝に期待です。

 17時ごろ入港、漁船が5杯ほど係留中。反対の岸壁に係船して看板を見ると、島全部が宗像神社の所有地で、女人禁制、上陸には海水で身を清めてからとの記載があり寒くて断念。今夜は船内で過ごします。

110306_log