カテゴリー「豊後水道」の記事

瀬戸内海洋上でのウトウ観察記録(鳥学会ポスター)

 宮崎県門川町の枇榔島は、カンムリウミスズメの世界最大の繁殖地と言われています。この二十数年間宮崎大学の中村豊さんは、ほぼ一人で毎繁殖期に観察を継続されて来ました。私は2005年春から5月のゴールデンウィークを利用して、中村さんの調査のお手伝いをしています。長年の中村さんによる調査にもかかわらず、枇榔島で繁殖したカンムリウミスズメの巣立ち後の行動圏は未だ不明です。

 2008年瀬戸内海でカンムリウミスズメの親子が観察され、枇榔島で繁殖した親鳥が瀬戸内海で子育てをしている可能性がでてきました。そこで2009年5月より我々は伊東を母港に伊豆のカンムリウミスズメの洋上調査に使用していた調査船を大分に移動して、枇榔島から瀬戸内海に通じる豊後水道洋上での調査を1から2ヶ月に一度行っています。

 その調査活動中の本年3月、大分の国東半島沖でウトウの群れに遭遇、瀬戸内海での過去の文献的観察記録の無いことから下記のポスターにて報告しました。ウトウの一部個体群は瀬戸内海を越冬海域として利用していることが示唆され、移動ルート、越冬個体数、越冬個体の繁殖地、瀬戸内海利用の行動学的意味等興味深いテーマです。海鳥生息数が世界的に減少している現在、閉鎖海域である瀬戸内海での分布調査は、生物の多様性保全上重要な情報となりえます。観察記録をお持ちの方は、ご一報いただければ幸いです。
 

__120913

 NRDAアジアの海鳥調査保護活動にご助成いただいている、パタゴニア日本支社の皆さんに深謝いたします。豊後水道における洋上調査にご協力いただいている、NPO法人かまえブルーツーリズム研究会の久保田正文様、マリンピアむさしのスタッフの皆様に感謝いたします。

文責:植松

豊後水道洋上調査(3/20/2012)

Murrelet2_log_120320


豊後水道洋上調査(3/19/2012)

Murrelet2_log_120319


豊後水道洋上調査(3/18/2012)

Murrelet2_log_120318


豊後水道洋上調査(12/18)

Murrelet2_log_111218


豊後水道洋上調査(10/18/2011)

Murrelet2_log_111018


豊後水道洋上調査(10/17/2011)

Murrelet2_log_111017


ミッション

  • 人間活動に起因する環境災害の被害を受けて生存の危機にある野生生物を可能な限り救護し、野生復帰に必要なリハビリテーションを実施する活動を通じてアジアの生物多様性保全に貢献する。
  • 環境災害による自然資源の損害の程度を客観的に評価し、その回復に必要な具体的手段・手法を提案する。

ゴール

  • 次の世代にアジアの豊かな海洋生態系を引き継ぐ。


活動内容

  1. アジアで発生した油汚染事故時のNRDAコンサルティング事業
  2. 海岸漂着ごみ問題解決のためのエコツーリズム支援事業
  3. 原子力発電所事故に伴う野生生物被爆実態モニタリング事業
  4. アジア周辺海域で繁殖する稀少な海鳥の調査・保護事業
  5. その他人間活動により引き起こされる生態系被害の回復にかかわる事業

事務局 190-0023 東京都立川市柴崎町3-6-17-704 tel:042-595-7838 fax:042-595-7045

対馬海鳥救護研究所 817-0323 長崎県対馬市大船越 tel:080-8033-5466

豊後水道洋上調査(8/1/2011)

Murrelet2_log_110801


豊後水道洋上調査(7/31/2011)

Murrelet2_log_110731