カテゴリー「oil spill」の記事

2013年3月17日 対馬油汚染海鳥調査

観察者 植松一良(NRDAアジア)

観察場所 尾浦 安神浜 久和海岸 内院海岸    上槻漁港
海鳥   無し 無し  無し   オオハム死体2 港内オオハム1

130317_loon

より大きな地図で 尾浦 を表示

より大きな地図で 久和海岸 を表示


より大きな地図で 安神浜 を表示



より大きな地図で 内院 を表示


対馬油汚染海鳥調査(2/18/2013)

本日の調査で油汚染のオオハム(シロエリオオハムの可能性も?)計7羽観察されました。場所と個体数は下記です。

小茂田漁港 1羽
阿連漁港沖 1羽
尾崎漁港 2羽
高浜漁港 1羽
勝見ノ浦 2羽

Loon_130218_kg小茂田

Loon_130218_ag阿連

Loon_130218_og尾崎

Loon_130218_tg高浜

Loon_130218_ku_02

Loon_130218_ku_01

勝見ノ浦

( 対馬における海鳥保護活動はパタゴニア日本支社環境助成金プログラム の援助を受けています。)

小茂田浜のオオハム

昨週に引き続き対馬の油汚染海鳥調査中小茂田漁港にオオハムが一羽避難していました。健康なオオハムが漁港に入ってくることはまず無いので、どこか汚染されている可能性が高いと思われます。

Loon_13021701

Loon_13021702

Loon_13021703

先週保護したオオハムは残念ながら保護2日目の朝死亡しました。衰弱する前に捕獲することができると助けられるのですが!

動画→ Video

S先生のブログに捕獲の様子の画像がありました。

( 対馬における海鳥保護活動はパタゴニア日本支社環境助成金プログラム の援助を受けています。)

オオハム保護(久和漁港)

本日午前11時に対馬野鳥の会貞光ご夫妻と現地で集合して、保護を試みました。前日までは陸に3羽、沖に一羽で観察されたそうです。本日は陸に2羽、沖に一羽でした。

Loon_130211_01

Loon_130222_02

Loon_130211_03

陸に上がっているうち、胸に茶色い油が付着している個体を保護することができました。保護個体を大船越の海鳥救護研究所に搬送して、リハビリテーションを開始します。

( 対馬における海鳥保護活動はパタゴニア日本支社環境助成金プログラム の援助を受けています。)

海岸線調査(太田浜/2/11/2013)

先週に引き続き対馬の太田浜で海岸線調査を実施、先週油汚染で陸に上がっていたオオハムは観察されませんでした。

543654_513960608647743_596285084_n

より大きな地図で 太田浜 を表示

海岸線調査(対馬/10/1/2012)

毎冬油汚染の海鳥(アビ類)が観察される海岸線の漂着鳥調査を実施しました。汚染事故のないときの調査はベースライン・データーとして重要です。

Bbs_121002_01


Bbs__121001_02


Bbs_log_121001


これからのリスク管理を語ろう(9/11)

  東日本大震災では、被災を前提とした防災体制や災害情報の一元化が脆弱である事を浮き彫りにしました。NRDAアジアも参加している「新しい公共をつくる市民キャビネット」スマート ICT 部会では、この問題を取り上げ、情報システムが稼働 する前提条件である「災害情報を共有するしくみ」として、アメリカで行われている危機管理の先端に触れ、比較する事で今後の危機管理の方向性の議論の礎になるようフォーラムを開催します。
  今回は、日本で数少ない ICS※を実践している御二方にリスク管理の現状と ICT について語ってもらいま す。是非ご参加ください。

ICS(インシデント・コマンド・システム(現場指揮システム))とは

2012_9__1_2
申込用紙をダウンロード

ウィキペディア(Wikipedia)にインシデント・コマンド・システムの解説がアップロードされました。

インシデント・コマンド・システム(現場指揮システム[1]、ICS)は、米国で開発された災害現場・事件現場などにおける標準化されたマネジメント・システムのこと。インシデント・マネジメント・システム(Incident Management System)とも呼ばれる。命令系統や管理手法が標準化されている点が特徴。1970年代に消防により開発され、徐々に他の行政機関などでの利用が拡大し、デファクトスタンダードになった。2004年に制定された米国インシデント・マネジメント・システム(National Incident Management System(NIMS))では、米国で発生するあらゆる緊急災害・緊急事態にICSを適用することが定められており、災害・事件の種類を問わず、日常の事件・事故からテロ事件・ハリケーン災害などの危機管理まであらゆる緊急事態対応で使用されている。 また、自主防災組織・地域防災、原子力防災、さらにコンサート、パレード、オリンピックのような非常時以外のイベントなどでも活用されている。

対馬ミステリースピル2012症例1

先週から対馬北部の佐護川で油に汚染されたアビが観察されるとの連絡を受けて、月曜の公務終了後対馬に向かいました。飛行機とフェリーを乗り継いで、17日4時20分比田勝港入港。対馬野鳥の会の坂口さん、NRDAアジアメンバーの山本獣医師と捕獲を試みましたが、2度のトライでも保護できませんでした。

Rtloon_120417_01

本来外洋で暮らす海鳥が川に上ってくること自体異常です。この写真をよく見ていただくと、前胸部に油が付着しているのが分かります。このような個体ではまだ体力のあるうちに保護して、熟練したリハビリテーションを施せば野生復帰可能です。いままでの日本での対応のように、簡単に保護できるほど衰弱してからでは野生復帰は困難です。

Rtloon_120617_02

油に汚染された海鳥共通の行動です。しきりに汚染を気にして羽繕いを繰り返します。

次回の保護作戦は、22日に実施予定です。オーストラリアからインターナショナル•バードレスキューのインターン一名が参加して新たな方法で保護を目指します。ボランティアで参加希望の方は、事務局までご連絡ください。

【写真提供:対馬野鳥野鳥の会坂口正嗣さん】

延岡市長浜海岸漂着鳥調査(4/2/2012)

門川町枇榔島でのスポットライトサーベイが中止になったので、急遽延岡市での海岸線漂着鳥調査に変更。海鳥の漂着個体は無く、被爆動物モニタリングの為のハシボソミズナギドリのサンプリングには時期が早いことがわかりました。シロクマ号で大分空港を目指して北上、途中別府市で夜になったので別府湾に面した市営駐車場で一泊することにしました。

_120402_2

Beached_birds_servey__120402_2